Zwift - Indoor Cycling. Outdone.
リクエストを送信
このページを表示するには、 ログインする必要があります。

アップデート項目 - Zwift 5/4 (1.0.11841)

ここ数週間の間ライド・リーダ・ビーコンとコミュニティーのライド・リーダにより試された新機能が通知されてきました。最新のアップデートにて追加された機能と動作概要をお知らせいたします。

このアップデートにて、多くのライダーが一斉に的確に参加できる機能を含む第二段階の公開テストを開始します。次の数週間において、これらのテストイベントが開催されます。皆さまの参加を歓迎すると同時に皆さま参加がテストへの手助けになります。 なお詳細はオフィシャルFacebookやZwift Riders等で逐一お知らせいたします。この機能はイベントカレンダーを刷新するものではなく、多くのコミュニティーに所属するライダーをグループライドにより簡単に参加させることができ、またすぐにもこれらの新しい機能がそのイベントに役立つでしょう。 

以下に動作詳細を記述します。

ライドイベントに参加するには二通りの方法があります。

  • モバイルアプリケーションからの参加方法:

メインメニューに’EVENTS'(新機能)より開催が予定されているライドイベント一覧を参照します。

イベント一覧より参加したイベントを選択します。

イベントに参加するリーダと参加メンバが表示されます。イベントに参加する場合は+ボタンをクリックして参加登録します。

  • Zwiftアプリケーション(PC,MAC)からの参加登録

現時点から1時間以内にグループライドイベントが設定されている場合、アプリケーション立ち上げ時の'RIDE'画面の右上隅にグループライドのリストが表示されます。参加するグループライドイベントのレベルAからDボタン(Aが最速、Dの順で遅くなる)を選択します。グループライドとそのレベルを選択した後、通常通り’RIDE'ボタンをクリックし走行画面へと移動します。 

注:もしグループライドへの参加を取りやめる場合は、すでに参加登録しているイベントにマウスをあわせると'LEAVE'ボタンが表示されるのでクリックして参加不参加を確定します。

走行画面からイベントへの参加

走行画面、左下にはイベント参加までの残り時間と'JOIN EVNET'ボタンが表示されます。イベント開始30分前から直前までに’JOIN EVNET'ボタンをクリックし、イベント参加申請を確定します。

イベント開始時間が迫ってくると、開始が近いことを知らせるポップアップ画面が表示され、'Lets Go'ボタンをクリックするとスタートラインへとワープ誘導します。この機能により、いったん画面を閉じて再立ち上げすることなくスタートラインへと自動的に移動することができます。

 

以上の手順にてスタートラインへと誘導され、開始前のチャットやウォームアップを行えます。 ライダーが参加するたびに名前が右側に表示されていきます。カウントダウンが始まり0:00を指示した時に、ライドを開始してください。

リーダーのコメントは画面中央に表示されますので、その指示に従ってください。

画面上部の走行モニター枠には残り周回数と残りの距離が青色テキストにて逐一表示されます。

イベントを途中で抜け出す場合はペダリングを止めた後に表示される左下の'QUIT EVNET'をクリックしてください。通常の走行画面に戻ります。

皆様方のフィードバックをお願いしております。未完成の第三段階のグループライド機能も含まれておりまが、フィードバックをお願いいたします。皆さまの声がより完成度の高い機能を実現します。

追加:夏から秋にかけて予定しているいくつかの大きな開発をひとまとめにしました。このため、現在のところの問題点等の発生は予想されないことで今回のアップデートについての問題にのみ解析することができます。お気づきの点等はリンクcontact us.より問い合わせ願います。

:11783から11841へのパッチが5月8日に適応されます。このパッチにてモバイルリンクの接続問題とテストイベントで発見されたいくつかの問題点を修正しています。今週はグループライドの公開テストに集中しており、すぐにでも新機能を体験することができるようになります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。