Zwift - Indoor Cycling. Outdone.
リクエストを送信
このページを表示するには、 ログインする必要があります。

KICKRがZwiftにて動作しない

KICKRトレーナはプラグ&プレイとして動作するため、動作不良なる事象が以下に考えられます。 

  • パワー/スピードが頻繁に落ちる
  • 勾配区間にてその勾配変化において負荷が変わらない
  • トレーナがペアリングにおいて表示されない

問題解決のためには最初に行うべきはファームウエアのアップデートupdating your KICKR firmware,です。

パワーが落ちるPower Drop-Outs

パワーが落ちる原因として二つの理由が考えられます。

トレーナの利用期間により異なりますが、内蔵センサの清掃が必要です。詳しい手順はWahoo Supportにて検索してください。

新品のトレーナの場合はANT+信号に関連していると考えられます。こちらの問題解決方法ANT+ signal strength を参考に対処してください。

負荷抵抗の変化がなくなる

負荷抵抗の変化がなくなる現象の場合は、以下の原因が考えられます。

  • KICKRトレーナがSIMからERGモードへと切り替わる SIMモードはZwiftが勾配に応じて負荷変化をコントロールする場合に使います。Wahoo FitnessやTrainerRoadなどのソフトウエアを同時に使用している場合SIMモードが使用できなくなっている可能性があります。
  • trainer difficulty設定が不可 設定メニューにおいてtrainer difficultyが設定できない。この設定を変更することで自動負荷変更機能が使えなくなる。
  • KICKRがスマート・トレーナとして認識しない ペアリングメニューにおいてKICKRがペアリンングしない、あるいはスマート・トレーナとして認識しない場合は、こちらのメニューで自動負荷変更のためにペアリングする必要があります。

KICKR がペアリングメニューに表示されない

KICKRがペリングメニューに表示されない場合は以下の理由が考えられます。

  • ANT+ドングルが準備されていない。 ZwiftはKICKRとはANT+規格にて通信します。ブルーツースは将来サポートされます。 
  • ANT+ドングルがZwiftと互換性がない。詳細はANT+ dongle KB articleを参照してください。
  • KICKRがプラグインではない。
  • ペアリング画面にてスマート・トレーナとして検索していない。Speed/Classic画面にて検索しないでください。

KICKRに解決できない問題がある場合はチケットhttp://bit.ly/zwiftsupportを発行してください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。