Zwift - Indoor Cycling. Outdone.
リクエストを送信
このページを表示するには、 ログインする必要があります。

Stages パワーメータのファームウエアのアップデート

Stages社によるパワーメータ用サイクリング・アプリケーションとファームウエアのアップデートを行ったと発表がありました。 

“それぞのライダーが載せ替えたバッテリーの性能を個々に確かめる方法がないので、この最新のファームウエアにより非常に少数のユーザから上がっていた消耗が早いあるいは液漏れしたバッテリー等に対応しました。”とstages Cyclingの副社長であるPat Warner氏が述べました。”このファームウエアは同時にメータの性能を維持しながら10%増のバッテーリ稼働時間を実現し、満足いく改善をができたことを確信しています。”とも述べています。

手順 1 - Stages アプリケーションのアップデート

iTunes あるいは Google Play, どちらかのサイトより端末にあったStages アプリケーションをアップデートします。

手順 2 - Stagesパワーメータを接続

BluetoothあるいはANT+にてStagesパワーメータと接続します。 "Firmware" ボタンがありますのでそちらをクリックしてアップデートを開始します。

手順 3 - Stagesパワーメータをゼロ・リセット

  • クランクを下、時計6時の方向にセットします。
  • 端末の設定機能(setting function)を開きます。
  • パワーセンサを選択します(たいていの場合、パワーセンサは'BIKE'設定内にあります)。
  • “CALIBRATE”あるいは“Zero” 機能を選択します。
  • ゼロ値キャリブレーション(機器校正)が始まりまり、数秒にて完了します。
  • 完了、あるいは未完了のメッセージが表示されます。

Stages社のサポート詳細についてはリンクhereを参照ください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。