Zwift - Indoor Cycling. Outdone.
リクエストを送信
このページを表示するには、 ログインする必要があります。

始めるにあたって必要な機材が届くまでの間でも楽しむ方法がある?

一通りの the right equipment 機材がまだ入手できていない場合。それでも手配した機材が到着するまでの間楽しむ方法があります。ログインし、スペシャル・ジャージを獲得した他のライダー達に「ライド・オン」スタンプを送ったりコメントを送ったりすることができます。 

ログインすると右下に"...or just watch"のボタンをクリックしてください。

Zwift は現在最速のライダーにロックオンします。もし他のライダーの走行にロックオンしたい場合は右側に表示されている現在のライダーリストをクリックしてください。

ロックオンしている間は'Ride on,'ボタンをクリックするとスタンプを送ることができます。

カメラビューはキーボードの番号キーの 1から9 で切り替えることができます。またこのビューの切り替えはスマホアプリからも行えます。Zwift Mobile Link app.

もしZwift公認トレーナやローラ台が手配中の場合、どうしても楽しみたいという場合は、ANT+ドングル、ANT+対応スピード/ケイデンス・センサがあれば未公認トレーナでも対応可能です。

Not Listedというオプション(非公認トレーナ/ローラ台への対応)

注: こちらのオプションは正確なデータを走行データに反映できないことを理解する必要があります。

ぺリング設定画面にてANT+対応のスピード/ケイデンス・センサをペアリングしてください。トレーナ選択画面にてリストから「Not Listed」トレーナを選択してください。この設定によりZwift非公認のトレーナもしくはローラ台でも走行することができます。

各メーカから製造されるトレーナにはそれぞれの負荷特性カーブがあり、Zwiftとしてはそれらすべての特性を調査し、パワー(ワット)に換算することができません。そのためZwiftを楽しむための仮の手段として認識してください。さらに最高パワー表示は400ワットに抑えられております。

Zwift公認トレーナ supported equipment を使用することをお勧めいたします。詳しくはこちらのリンク Getting Started から検索してください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。