Zwift - Indoor Cycling. Outdone.
リクエストを送信
このページを表示するには、 ログインする必要があります。

クラシック・トレーナで正しい値が表示されない。// スリップメッセージが表示される。

zPowerはクラッシック・トレーナ a select set of classic trainersにおいて使用するためのZwift独自の仮想パワーカーブです。 リストに掲載されているクラシック・トレーナとANT+対応のスピード/ケイデンス・センサがあれば、スマート・トレーナやパワーメータがなくても、Zwiftを楽しめることができます。 Zwiftでは計測されたスピードから出力パワー値を換算し表示します。

特定の条件の元での計算値算出と仮想的なパワーカーブであるため、間違った情報やある異なる機器の使用によって、時に意図しない出力パワー値が表示されたり、’タイヤスリップ’のメッセージが表示されます。zPowerを正しく動作させるために以下の点をチェックしてください。

1. 正しいトレーナを使用: 特定のクラシック・トレーナbased on a specific trainerに対してそれぞれのzPower計算値が設定されています。メニューからただしいトレーナ名を選択してください。それに近いトレーナや同じメーカという選択は、それらが異なることを認識していただき、避けてください。お手持ちのトレーナがリストに入っていない場合は、パワーメータを利用するか、サポートされているトレーナをお使いください。クラシック・トレーナを使用する場合は正しい負荷設定することも重要です。

2. 正しいタイヤを使用: zPowerは標準のロードバイクのタイヤサイズ700c x 23mmを基準にしています。 これより大きいあるいは小さいサイズですとzPower換算値が逸脱します。

3. 正しいタイヤの空気圧: タイヤの空気圧が正常の100 PSIであることを確認してください。空気圧が正常でない場合はタイヤサイズが正常でない場合と同じ現象が現れます。

4. トレーナを正しく固定: お使いのトレーナが正しく固定されていることを確認してください。トレーナによりその固定方法は異なります、メーカの指示の元、正しく設定してください。

注意喚起:WARNING: トレーナを過剰に固定することは避けてください。締め付けが強すぎるとリムを曲げてしまいます。’タイヤスリップ’のメッセージが表示され続ける場合、上記三点の方法を試してください。

5. ANT+信号が途切れないことを確認(Make sure your ANT+ signal isn't dropping: ANT+信号が混信している場合、スピード値と計算値を狂わせます。混信の可能性がある場合、センサとANT+との距離は1メーター未満に設定してください。そしてそれらの間には問題となるワイヤレス機器等は設置しないでください。

USB延長ケーブル USB extension cableを使うことで問題解決することができます。 

6. タイヤに設置した磁石とスピードセンサーとの距離を確認: もし設置した磁石がスピードセンサから遠く設置された場合、磁石が正しく認識されないために正しいスピード計測が行われていない可能性があります。

 

どうしても正しい値が表示されない、スリップメッセージが表示される場合はサポートチケットをこちらのリンクhttp://bit.ly/zwiftsupportにて発行してください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。