Zwift - Indoor Cycling. Outdone.
リクエストを送信
このページを表示するには、 ログインする必要があります。

クラッシュした時の対処方法

ZwiftランチャーかZwiftアプリケーションのどちらがクラッシュしたかを確認

  • アップデートの最中にクラッシュしたのであれば、Zwiftランチャーに問題があります。
  • アップデートが終わり、立ち上げ時に、あるいはゲーム中にクラッシュしたのであればZwiftアプリケーションに問題があります。

Zwiftランチャーがクラッシュした場合の対処:

ランチャーがクラッシュしたり、アップデートができなかったりするのはいくつかの理由があります。

  1. VPNあるいはプロキシサーバーを利用している場合は、Zwiftのサーバーと接続する際にブロックされる最も考えられる理由です。
  2. ファイヤーウォールを確認します。コンピュータのファイヤーウォール、特にエンタープライズなどではZwiftをブロックしている可能性があります。その場合はZwiftを例外として登録し接続を許可してください。
  3. ルータを通して接続している場合は、接続をモデム直結にて接続してください。ルータがファイヤーウォール設定していてZwiftサーバーとの接続を妨げている可能性があります。
  4. コンピュータが最小スペック our minimum requirementsを満たしているか確認してください。ハードディスクには最低限でも4GBの空きスペースが必要です。そして同期フォルダー(Dropboxなど)ではない保存先フォルダが必要です。 

もしこれらの例に当てはまらない場合は問い合わせチケット open a support ticket with usを発行し、同時に\Documents\Zwift\Logsフォルダーのlauncher_log.txt fileを添付してください。

Macコンピュータの場合:

Zwiftをインストール中のクラッシュの場合はインストーラログファイルを送付してください。ファイルは以下の場所に作られています。

Zwiftアプリケーションがクラッシュした場合:

Zwiftアプリケーションがクラッシュする最も起きる原因はグラフィック・ドライバーが古すぎることです。まず最初にグラフィック・ドライバーを最新のものへとアップデートしてください。

PCの場合:

Hewlett-Packard, Lenovo, あるいは Dellのコンピュータの場合はメーカ独自のグラフィック・ドライバが採用されています。その為、自動検知ソフトエアがメーカ指定の製造メーカのWebサイトに誘導します。古めのパソコン機種の場合、アップデートドライバであっても最新のドライバでないことは認識しておいてください。

もし最新のグラフィック・ドライバが動作しないとき、あるいは確かめる方法がわからない場合は、こちらのサイトopen a support ticket with us にこちらの follow these instructions 手順にて ComputerSpecs.txt とlog.txt files (コンピュータの \Documents\Zwift\Logs フォルダに保存されている)を送信してください。 Zwiftにて詳しく調査することができます。

Macの場合:

コンピュータのグラフィック・ドライバと関連するソフトウエアが最新であるかを確認してください。

  1. AppleメニューからApp Storeを選択します。
  2. App Store画面のトップにあるメニューバーのアップデートボタンをクリックします。

もしアップデートする項目がなく、それでもクラッシュ擦る場合は、レポートボタンを押し、クラッシュ・エラー画面からクラッシュ詳細を”全選択”後、コピーし、サポートチケットa support ticket に貼り付けて送付してください。

Macがクラッシュに至った詳細が解析できますのでこのクラッシュ・レポートは助かります。また同時にlog.txtファイル(コンピュータの \Documents\Zwift\Logs フォルダに保存されています)を送付してください。

Zwiftアプリケーションがクラッシュする他の原因

  • コンピュータの要求スペックが条件our minimum requirementsを満たしているかを確認してください。Zwiftはグラフィック処理能力を必要とするアプリケーションです、グラフィックカードでおもにリソースを使います。 
  • クラウドベースのアプリケーション、たとえばDropbox, Google Drive, OneDrive, あるい他のクラウドベースの同期アプリケーションなどが動作していた場合、DocumentsフォルダにあるZwiftフォルダをバックアップします。Zwiftは常にこのフォルダを読み書きしていますので、なにかしらの衝突が起き最後にはクラッシュします。 
  • ラップトップはグラフィックが差し込み方式ではありません。いくつかの機種は特別仕様のグラフィックカードが搭載されており、通常処理能力が高めです。ラップトップが差し込みタイプでない場合、ローエンドのビデオカードが搭載されています。

不明の場合はチケット open a support ticket を送付してください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。